2015/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモ
今回は以下の点について。

SNMPオペレーション(SNMPv1)
=============================

●SNMPv1オペレーション

・オペレーション
SNMPマネージャとエージェントはSNMPパケットの送受信により、
機器設定の取得や設定を行っている。
この取得(Get)や設定(Set)をオペレーションと呼ぶ。

・SNMPメッセージ
SNMPパケットの中には、SNMPに関する様々な情報を持ったSNMPメッセージが含まれている。
メッセージに含まれている情報は下記の通り。
・SNMP Version
・Community
・PDU(ProtocolDataUnit)

・SNMP Version
v1, v2c, v3の3つが存在する。
現在のデファクトスタンダードはSNMPv1だが、
セキュリティ強化の影響でSNMPv3を使用した、アクセスも増加している。

・Community
SNMPv1/v2で、マネージャとエージェント間の認証を行う為に使用される。(パスワード)
また、管理する機器をコミュニティと呼ばれるグループに分け、管理範囲を分割したりする。
マネージャがエージェントに対してオペレーションを実行する際は、コミュニティを指定して問い合わせる必要がある。
エージェントは受信後、自身とメッセージに含まれるコミュニティ情報を比較し、一致していれば応答する。

・PDU(ProtocolDataUnit)
SNMPオペレーションを実行するためのコマンドが含まれている。
GetRequest/GetNextRequest/SetRequest/GetResponse/Trap
※上記はSNMPv1のPDUである。

・Requset/ResponseのPDUフォーマット
PDU Type
request-id
error-status
error-index
variable-bindings

・PDU Type
そのままの意味。PDUの種別を指す。

・request-id
NMSの機器から、複数の問い合わせを受けた際、それぞれを区別するために利用される。
RequestのSNMPパケットに含まれるrequest-idと同じ値がResponse時に使用されることで、
問い合わせと応答を紐づけている。

・error-status
エラーの種類を指す。
noError(0)/tooBig(1)/noSuchName(2)/badValue(3)/readOnly(4)/genErr(5)

・error-index
Request時のSNMPメッセージのどこでエラーが発生したかを示す。

・variable-bindings
要求されたOID情報とMIB値がセットになって含まれている。
例)sysUpTimeを取得した場合、sysUpTimeのOID値と値が入っている。
ここで、variable-bindingsに3つのOID情報が含まれていて、3番目でエラーが発生した場合は、
error-indexに3が設定される。

・GetRequest
SNMPマネージャからエージェントに対して取得要求を行う。
取得要求に対して、エージェントが応答する条件は下記の通り。
1. variable-bindingsに管理対象オブジェクトの情報が存在すること。
2. エージェントの応答制限を上回るサイズのRequestメッセージではないこと。
3. 上記に当てはまらないエラーが発生していないこと。

エラーが発生した場合は、Response-PDUのerror-status/indexに適切な値が設定される。
※Request-PDUのerror-status/indexは0固定

・GetNextRequest
指定したOIDそのものではなく、辞書順で次に来るOIDとその値を取得する。
このコマンドを繰り返すことで、エージェントの持つMIB情報をすべて取得することができる。
マネージャ側がエージェントの持つ管理オブジェクトを知らない場合に役立つ。
条件はGetRequestと同じ。

・SetRequest
エージェントの設定を変更する際に実行される。
RequestのためPDUフォーマットはtype以外は変わらない。
条件はGetと異なる。
1. variable-bindingsに含まれるOIDがReadOnlyでないこと。
2. OIDの型に則していない値でないこと。
3. エージェントの応答制限を上回るサイズのRequestメッセージではないこと。
4. 上記に当てはまらないエラーが発生していないこと。

・GetResponse
もう書かなくてもわかるか。。。
Requestに対する応答を指す。
Requestとは違い、error情報に値が設定される。


今日はここまで。
実はTrapを一番理解してるんだけど、
長くなってしまったので次回か、その次くらいで。
本当はパケットキャプチャの画像載せつつ、これこれ~とかやりたいんだけど、
時間に余裕がない。。。

あ、そういえば、やっぱりASN.1は記法だった。
ASN.1に~と記載されているという表現はやっぱり変っぽい。
ASN.1で記載された~、みたいな表現が正しいと思われる。
スポンサーサイト
SNMP/MIB メモ
SNMP/MIB

・ネットワーク管理ステーション(Network Management Station)
PC/ルータ/サーバなどといった装置を監視し、
制御用アプリケーションを実行して、各装置から管理情報の取得や設定を行う。

・ネットワーク要素(Network Elements)
NMSに監視される装置を指す。
装置それぞれが、自身が管理している情報(DB)を持っていて、
管理情報の中には、装置固有の情報や、状態などがある。
NEはNMSから要求があった際、この管理情報から必要な情報を取得し、
応答している。

・SNMPマネージャ
NMSに位置する、管理アプリケーションを持った機器を指す。
管理対象の装置を管理する際は、SNMPマネージャのアプリケーションを利用する。

・SNMPエージェント
NEに位置する、管理対象装置を指す。
SNMPマネージャからの要求に応答したり、自身に問題等が発生した場合に
SNMPマネージャへの通知を行う。

・MIB(Management Information Base)
NEで挙げた管理情報を集めたDBを指す。
多くの管理情報がOID(Object Identifier)という形で管理されており、
その1つ1つに型やアクセス権等といった情報が定義されている。

・SMIとASN.1
MIBのOIDがどのように構成されているか、
どのような形式でどのような値を持つか等といった情報を定義するのが、
SMI(Structure of Management Information)である。
また、SMIの形式を定義しているものがあり、
それをASN.1(Abstract Syntax Notation One)という。

流れとしては、
ASN.1に従ったSMIと呼ばれる構造を基に、MIBが定義されている。(みたいな感じ?)
※ASN.1はSNMPだけではなく、他のプロトコルも定義している。

・MIBの構成
横に描いてるけど、実際はツリー状になっている(MIBツリー)
iso(1) - org(3) - dod(6) - internet(1) - mgmt(2)
                       ∟private(4)

mgmt(2) .... 標準MIB(IETFが定義している - RFC)
private(4) ... 個人や企業の独自MIB

・スカラオブジェクト
単独の情報しか持たないオブジェクトを指す。
例) sysUpTimeなど

・テーブルオブジェクト(アレイオブジェクト)
関連性のあるオブジェクトを1つの表にまとめたものを指す。
例) ifTable - ifIndex - ifDescr - ifType ......

・InstanceID
SNMPエージェントに対して要求をする際、対象のオブジェクトを指定すれば良いが、
オブジェクトを一意に指定する為の手段が、OID値だけでは不可能である。
複数のネットワークインタフェースから取得する際、OIDだけでは特定の1つにしか要求ができない。
それを解決するためにInstanceIDが存在する。

InstanceIDはOID値の後に、特定の値を付加することで、管理対象を識別することが可能になる。
[OID値].[InstanceID]

例) ネットワークインタフェース2番目の詳細が知りたい場合は、下記の値で要求する。
iso(1).org(3).dod(6).internet(1).mgmt(2).mib-2(1).interface(2).ifTable(2).ifEntry(1).ifDescr(2).2(InstanceID)
最後の2がInstanceであり、その前がOID値である。


ちょっと、休憩。
次回はオペレーションとかPDUとかその辺かな。
ASN.1を文書って捉える人もいるけど、個人的にあれって記法でしかないと思ってるんだけど違うのかな~・・・
もちべ
だうーん

きっと梅雨のせいだ。

最近のDP

・ふらっしーず(A) Hard 左鏡
・嘆きの樹(A) 左鏡右乱
・ストゥルチ(A) Easy 左鏡

あと、☆11を3曲くらいFC

12.4が2曲埋まったのは大きいし、ふらっしーずも12.3では難しめだから嬉しい。
脱力して譜面をよく見るようにすると、クリアは埋まるなー。
このゲームやっぱり脱力が大事。

なんかストレスとか気候の影響でモチベダウンしてますが、
腕が落ちない程度にはやらないと。。


そんなことよりも、
wiiu欲しい。イカやりたい。
ぐぬぬ。
プロフィール

アス

Author:アス
いらっしゃいませ~(´∀` )

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このブログについて

・このブログは管理人の日記とプレイしたゲームのことについて書きます。ゲームは大半が音楽ゲームについてになりそうです。

・リンクはフリーです。もちろん、連絡をしていただいた方が嬉しいです。

・記事に対してのコメントを残していただけると嬉しいです。交流も深められますし。

・TBは記事に関係ないものは削除させていただきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。